プログラミング

WIXからエックスサーバーへのドメイン移管 実務メモ

2021年1月6日

この記事の概要

WIXからドメインをエックスサーバー に移管する際の手順と、問題点など。

 

・手順の内容

  1. WIXからドメイン移管申請
  2. WIXからドメイン移管認証コードがメールで届く
  3. エックスサーバーにてドメイン移管申請
  4. 約1週間でドメイン移管完了。(WIXサイトは無料ドメインになるが、閲覧は可能)

・問題点など

手順の内容

1.WIXからドメイン移管申請

WIXのアカウントページから、「ドメイン」を選択。(添付はすでに独自ドメインを移管完了した状態の画面)

wix-page
該当するドメイン横の「・・・」 アイコンをクリックし、「ドメインを外部レジストラへ移管する」を選択。

※公式ページでは、「WIXから移管」を選択と書いていますが、現在は記載が変更されている。

公式の解説ページ

 

2.WIXからドメイン移管認証コードがメールで届く

アカウントに登録されたメールアドレスあてに、以下のようなメールが届くので、コードをメモる。(有効期限は7日間)

wix-page2

WIX側でやることは基本的にここまで。

※有料プランの自動更新の解約などは別途対応要。

 

3.エックスサーバーにてドメイン移管申請

エックスサーバーの管理画面から、以下の「ドメイン移管」を選択。

 

xser-page

 

次に、移管したいドメインを入力し、検索。

xser-page2

 

次に、WIXの認証コードを入力する。

また、画面右側にあるとおり、この段階でドメインの登録料の支払いが発生する。
次の画面で支払い方法の登録に進んでいく。

xser-page3

支払い処理を行うと、ひとまず移管申請は完了。

【注意点】
ドメイン移管を申請して、(まだWIXにドメインが残ったままのはずなのに)WIXの元サイトを見れない時間帯が1~2時間発生した。

WIXで頻繁に商材を決済しているサイト(そんなにないと思うが)の場合は注意が必要。

 

4.約1週間でドメイン移管完了。

移管申請後、1週間(土日含む)で移管完了した。
公式サイトでも最大7日とあったので、その程度の余裕をもっておく必要がある。

ドメイン移管完了後に、エックスサーバーの管理画面でネームサーバーを変更し、全ての手続が完了する。

 

問題点など

今回の案件の状況は以下のとおり。

・WIXサイトからドメインを移管するが、実際に7日で完了するか不明。
・急ぎなので、すぐに新サイトに移したい
・とはいえ念のため、WIXサイトをしばらく使えるようにしておきたい。

これらを踏まえ、テストサイトで新HPの中身を作りながら、ドメイン移管申請も同時に進めた。

 

【発生した問題と対応】

 [問題1]
  ドメイン移管が終わったら、WIXサイトが従来のURLでは見れなくなった。
  (エックスサーバーで、ネームサーバーを切り替えないなら大丈夫と勘違い)
  (新サイトが完成していなかったため、WIXサイトが必要)

 [対応1]
  エックスサーバーにて、「サイト転送設定」を行った。
  (転送先URLは、WIXの無料ドメインURL)

 [問題2]
  対応1のサイト転送設定が反映されるまでに約1時間かかった。
  その間、旧サイト・新サイトいずれも閲覧できなかった。

 [対応2]
  時間経過

 

 [問題3]
  サイトURLへのリスティング広告が、審査を通らなくなった。

 [対応3]
  「サイト転送設定」が問題だったため、新サイト公開後に解除した。
  改めてリスティング広告を再申請した。

 

他の対応方法

・そもそも、サイト完成後にドメイン移管申請を行うのがもっともスムーズ。

・サイトをどこに構築すると、ドメイン移管時にスムーズに移行できるか?
 パターン① エックスサーバーの初期ドメイン(.xsrv.jp)にて構築する。完成したら、エックスサーバー管理画面「WordPress簡単移行」から移行する。
 パターン② 自分のサーバーなどのテストサイトに構築する。完成したら、All in one WP Migrationで移行する。

 今回は②を実施したが、パターン①のほうが楽。(当時気づかず)
 ①なら、プラグイン「All in one WP Migration」が不要な上、同プラグインのアップロード上限も気にしなくて良いため。
 初期ドメイン(.xsrv.jp)で運用しているWordPressサイトを独自ドメインに移行する

 

無料期間の活用方法

永久無料ドメインなどのキャンペーンは、「サーバー料10日間無料期間」といった無料サービスの適用中は申請できない。

では、「サーバー料10日間無料」と「永久無料ドメイン」といったキャンペーンは併用できないのか?というとそうでもない。

今回の案件では、まずサーバー料10日間無料を適用しつつ、ドメイン移管は普通に申請した。
そのため、ドメイン料は一旦支払う必要がある。

ドメイン移管完了後、かつ、サーバー料10日間無料期間後(=サーバー料発生後)に、お問合せにて「サーバー無料期間中だったのでドメイン永久無料が申請できなかったが、今から適用したい」と連絡すると、対応してくれる。

手間をかけるほどのメリットがあるかはともかく、併用可能であった。

以上

-プログラミング
-,

© 2019 tarouken.com by Igawa Yoshihisa