Elementorを、ConoHa WINGで使用するための設定

Elementorのロゴ

ページ内目次

PCを操作する人の画像

ElementorをConoHa WINGのサーバーに入れたWordPressで使おうとしたら、403エラーが出て保存できない、、、

こういったお悩みに答えます。

公式サイトの解説で、かんたんな操作で解決できるのですが、1点だけ分からない点がありました。

この記事ではその補足説明がメインとなっています。

1.操作画面

ConoHa WINGのサーバーの操作パネルで操作します。

WAFという機能を操作します。

デフォルトで「ON」になっていますので、そのままにします。

※「OFF」にするという選択肢もありますが、セキュリティ的には避けたほうが良いと思います。

※サーバーによっては、.htaccessをいじるという難しい対応がありますが、ConoHa WINGではそういった操作は不要です。
ありがたいですね。

2.実施内容

サーバーの画像

Elementorは、上記のWAFという機能とぶつかってエラーが表示されます。

そこで、WAFの設定にてElementorを使えるようにすることで解決できます。

具体的には、公式ページのここの箇所です。

対象となるログを選び、「除外設定」にすることで完了、です。

ですが、、、対象のログを選ぶところで、少し戸惑いました。

「どれを選べば良いのかな?」と。

そこで、

「Elementorを操作すると403エラーが表示されるから、その操作がログに残っているのだろう」
「Elementorを操作した時間帯と、ログの時間と合ってれば、その操作が対象のログだろう」

と考えました。

さらに、時間の確認だけでは不安でしたので、ログの画面で「攻撃元IPアドレス」とあるのを見て、これを自宅のIPアドレスと確認しておこうと考えました。

で、以下のサイトを使いました。

ここで表示されるIPアドレスと合致したので、公式マニュアルにあるとおり「除外」ボタンを押すと、Elementorが動作しました。

.htaccessをいじらず安全に設定できるので、この方法が良いかと思います。

1件のフィードバック

  1. ConoHa WINGのサーバーのサイトで、Elementorを使ってLPを作っているのですが、下書きや公開をしようとすると403エラーが表示され困っていました。

    それで、調べていたら、こちらの記事を見つけました。
    ちょうど今日、6月29日に更新をされたのですね。
    とてもラッキーでした。

    この記事を見ながら、ConoHa WINGのWAFから関連の「攻撃内容」を除外しました。

    でも、私の場合はそれでもエラーが消えなかったので、結局サーバー側に電話をし、「そうしたら、その時だけWAFをOFFにするしかない。」と言われ、そうしたら解決しました。

    LPを作ったら忘れないようにONに戻しておこうと思います。

    でも、どうしていいか全然分からなかったので、この記事があり、とても助かりました。

    ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Share
わがい

わがい

プログラミング(Web制作)・ライティングに携わっています。 いくつかの会社で勤めて、2020年にフリーランスになりました。 苦手なことを避けつつ、好きなことで働けるような環境作りをめざしてコツコツやってます。 HTML/CSS/JSのほか、WordPress制作、特にElementorやSnow Monkeyといったローコードを用いた短納期での制作が得意です。 また生活・健康の水準を高めるため、米国株投資や筋トレもやってます。

最近の記事

ページ内目次