40代からでもiDeCoはメリットばかり。デメリットほぼなし。

手堅く安全に資産を運用するには、銀行預金だけが唯一の方法でしょうか。

確かに銀行預金は元本が保証されていますが、ほとんど利息がつきません。物価も税金が上がっていく中では、元本の実際の価値が下がっていきます。「体感できないまま、知らないうちに資産が目減りする」、これが、私の思う銀行預金におけるリスクです。

そこで私が検討したのは、長期的な資産形成をめざすのに適しているとされるiDeCoです。しかし、iDeCoは投資の一種です。預金のリスクを理屈ではわかっても、投資は投資で元本割れのリスクがありますし、失敗したら周囲から何と言われるだろうか、といったことまで気になる始末でした。

しかし、そんな私ですら、最終的にはiDeCoにはメリットがあると判断しました。

今回は、そう判断した理由を簡単にご説明します。

1.元本保証の商品もある。
2.節税効果が高い。
3.さほど手間がかからない。

1.元本保証の商品もある。

私のような初心者には驚きだったのですが、なんと”元本保証”の商品があります。これだけで、投資への心理的負担がかなり下がるのではないでしょうか。iDeCoのメリットというより、デメリットが避けられるというお話です。
私が確認したのは楽天証券だけですが、他の証券会社にもあると思います。

なお、国内だけで8,000本ともいわれる投資信託の中から、優良な商品だけが選ばれており、自分のイメージする投資方針に近いものが選択できると思います。

2.節税効果が高い。

ところで、前述の元本保証の商品とは「みずほDC定期預金」です。
「・・・定期預金?なら普通の定期預金でいいじゃないか」と思いますよね。しかし、わざわざiDeCoにするだけのメリットがあります。

iDeCoで積み立てた額は所得控除の対象となるため、所得税と住民税が軽減される、というのがそのメリットです。
年収500万・40歳・毎月20,000円積立とすると、積立額の20%が節税できます。1年で48,000円、60歳までの20年間で96万円です。これは、20%の利息が20年維持されているといってもよいほどの、驚異的なメリットです。実際には口座維持のために、年間2~3,000円ほどかかりますが、帳消しにしてあまりあるメリットだと断言できます。 銀行に定期預金をしたからといって、税金が軽くなることがあるでしょうか?

さらに言えば、銀行預金の利息には税金が20%ほどかかりますが、iDeCoはその課税もありません。60歳になって受け取るときも課税なしです。積み立て中は実感が薄いと思いますが、これもかなりのメリットでして、1つの投資で3回の節税メリットが発揮されます。

この節税効果こそが、40代からでもiDeCoにはメリットがある最大の理由です。無論、早ければ早いほどメリットがありますが、40代からでも1年間に得られるメリットは同等です。今すぐに始めることをお勧めします。

なお、会社に企業型確定拠出年金がない場合、積立可能額が増え、節税額も増えます。

3.さほど手間がかからない。

iDeCoは、給与控除でなく、個人の口座からの引き落としを選択できます。そのため、積立の変更や休止などで、(財形貯蓄と違い)つど会社を経由する必要がありません。人にもよるでしょうが、そういったひと手間がないことは、地味にありがたいと思います。
とはいえ、最初だけは会社での手続が必要です(後述)。

なお、控除を受けるための手続は、会社員であれば年末調整で行います。国民年金基金連合会から払込証明書が届きますので、年末調整時に会社に提出することになります。生命保険の払込証明書と同じ流れですので、それらを受け取っている方は、イメージしやすいと思います。

ということで、最初の手続と年末調整以外、”さほど”手間がかからない、となります。

デメリットは?

逆に、デメリットについて触れてみます。

1.60歳まで解約できない。

基本的に60歳まで解約できません。長期的な資産形成という視点ではメリットともいえますが、生活環境の激変などで投資を見直したい場合はデメリットになりえますので、無理のない範囲で積立額を設定しておくのがよいでしょう。
なお、解約せずとも、積立額の減額や休止を選ぶこともできますので、安心ですね。

2.会社を通じて行う手続がある。

最初の手続では、会社によってひと手間かかることがありえます。総務など担当部門がその手続をしたことがない場合があるためです。

私が楽天証券でiDeCoを申し込んだ際、以下の様式を会社に記入してもらう必要が生じました。

https://dc.rakuten-sec.co.jp/beginner/sample/
(楽天証券のサイトになります)

当初、会社の担当は全くわからないといった感じで、やや時間がかかりました。こういった時間が少しかかることがありえますが、書面のフローに沿って会社の年金制度を確認してもらうだけなので、何とかやってくれるかと思います。

まとめ

まとめますと、iDeCoは、

・元本保証といった低リスク運用も可能で、
・年間数万円が節税できるなど、3回の節税メリットがあり、
・基本的に自分で好きに管理できる、

という、低リスクでメリット大のお得な制度です。はっきりいって加入しない手はありません。定期預金を続けられるような管理力の高い方だと、そのメリットをことさら強く感じられるのではないでしょうか。

補足

会社の企業年金の規約を調べた結果、規約上、私はiDeCoに加入できないと判明しました。ここまで書いてきて何ですが、自分では入れていないのです。全く、本っ当に残念で仕方がありません。
ちなみに、会社の制度にかかわらずiDeCoに加入できるような改正を検討しているとのニュースがあり、心待ちにしています。

—追記—
2019年12月のニュースで、iDeCoの制度が見直しされ、掛け金拠出の上限が60歳から65歳まで延長されるとの報道がありました。積立期間が長いほどリスク低減効果が期待できますし、 60歳定年+65歳まで再雇用制度のある会社勤務の方などにとっても選択肢が広がる、ありがたい見直しですね。2020年度税制改正大綱の内容として報道されており、2020年1月からの国会で決まるようです。

Share
Share on facebook
Share on twitter
わがい

わがい

プログラミング(Web制作)・ライティングに携わっています。 いくつかの会社で勤めてきましたが、最近フリーランスになりました。 健康にも気を配りつつ、自宅の机でコツコツ仕事しています。 最近の気付きは、本業より米国株投資のほうが稼げて楽しいということ。

最近の記事

ページ内目次