40代未経験からでもプログラミングでフリーランスは可能?【結論:可能】

picture

picture

 

[st-kaiwa3]「会社員が辛い、続けていける気がしない、、、続けたとしても会社だって安泰ではないしな、、、」「最近プログラミングでのフリーランスとか話題だけど、40代未経験の自分でも可能だろうか。若い人ならともかく、正直、遅い気がするけど、、、」[/st-kaiwa3]

 

そんな悩みのある人に向けて、というか過去の自分を思い出しながら、記事を書きました。

 

【結論】

「40代未経験 プログラミングでフリーランスは可能?」と聞かれたら、

私の回答は、

「可能。・・・だけど、まだ何とも言えない」です。

いきなり及び腰な結論なのですが、実態をそのまま書いたらこうなりました。

 

とはいえ、まだ何とも言えない、くらいには到達しました。

ということは、「未経験から起業やフリーランスとかムリすぎ」「会社辞めなきゃよかった」とかではないということです。

この結論だけでも、少し背中を押される人がいるのではないかと思いながら、この記事を書いています。

 

ちなみに、私は辞めるまでは不安づくめでした。

というか今でも不安なのですが、頑張ってダメだったら考えよう、ぐらいの心境です。

過去の自分に伝えられるなら、もっと早く逃げて、やりたいことに向けて行動していいんじゃないか、と言いたいです。

ここから先は、そういう状況・心境にいたるまでの経緯をまとめています。

 

これまでの経緯

picture

きっかけ

会社を辞めたい、と思ったことがありますか?

私はかなり、というか、毎日のように思っていました。
今思えば、年々そういう気持ちが強くなっていた、そんな気もします。

それが、いよいよ「会社を辞めよう」となったきっかけはマナブさんの動画でした。

 

辞めるまでは時間がかかった

退職を決意するまでには時間がかかりました。

 

2019年当時、私は43歳。
製造業の会社員で、事務系の管理職になって間もないころでした。

会社員としては十分な収入を得ていると感じていたものの、辛いことや性格的に向かないことが多く、だんだん追い詰められていた時期だったと思います。

妻が聞いていたマナブさん動画をとっかかりに、ブログやTwitterなども読み出して、「辞めたい」が「辞めよう」にだんだん近づいていったのです。

 

それでも「よし!辞める!」とは中々なりません。

何と言っても「暮らせなくなったらどうしよう」という不安がとても強かったのです。
というか、今でも不安があります。

他にも「妻が一番困る」「失敗したら周囲の人からバカにされるだろう」「義理の両親になんと言おうか」などと、とりとめもなく考えてしまいました。

 

そこで、「いつか辞めて独立しよう、、、いや、できたらいいな。だから働きながら独学をとにかく始めてみよう」ぐらいのスタートでした。

つまり、辞める決意はできていませんでした。

 

学習しながら結果を出せず。仕事も辛く。

2019年9月にプログラミング言語の基礎を学び始めました。
(正確にはマークアップ言語と呼ぶらしいです)

 

ドットインストールという無料のWebサービスです。
HTMLとCSSの基礎はここの動画で学びました。
(このあたりのことは、別の記事にまとめています)

 

ごく基礎からなので最初は頭に入ったのですが、徐々に難しくなっていきます。

また、会社の帰りが遅くなると、学習時間も短くなったり、ゼロだったりです。

だんだん、だんだんと、負担になっていきました。

それでも続けましたが、Web制作の仕事を取れる実感はありません。

このままで稼げるようになれるのか、、、と焦りを感じるようになりました。

 

そして、会社のこともメンタル的にキツくなっていました。

冬の初めごろには、なかなか寝付けない夜がちょくちょく発生し始めました。
昔から寝付きは良いほうで、こんなことは人生で初めてでした。

 

それを自覚したとき、「心身を壊してからでは遅い。会社を辞めよう」と決めたのです。

 

辞めるときに考えたこと

「これは逃げるための退職」と自覚していました。
そして、「もっと頑張ったほうが」という根拠のない圧力が自分にかかっていました。

しかし、

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 日本の会社組織のあり方・働き方
  • 会社員に不利な税制・社会保険制度
  • 会社の将来性
  • 職場の人間関係
  • 人付き合いで消耗する自分の会社員としてのポテンシャル

[/st-mybox]

こんなことを考えるうちに、、、

「理想の会社員には頑張ってもなれない。無理して合わせることはない」

「ならば逃げてもいいのでは、いやむしろ必然だ」

という考えも湧いてきました。

もう決めたのでした。

 

「もはや時間はあまりない。今こそが一番若いのだから、やるなら今だ」

「めざすのはフリーランスか一人だけの会社法人で、自分の裁量で働く」

「会社員で大成は難しくても、稼げる分野・方法があるはず」

 

会社から逃げたい気持ちが大半でしたが、自分で稼ぐことに挑戦したい、キャリアを再構築したい、といった気持ちも強くなり、決定は揺るぎないものになりました。

 

そして、2019年12月、退職願を提出しました。

 

退職までの間

picture

退職日は2020年6月末でした。

けっこう長いです。
引き継ぎ時間の意味もありますが、有給消化や賞与など自分のためもありました。

 

その間もプログラミングの学習は続けていました。

 

4月中旬ごろからは、ほとんど有給消化で過ごせて十分な時間があったのに、、、仕事は取れませんでした。

(ちなみに、マナブさん・みったにさん主催のプログラミングコミュニティ「codebegin」への加入はこのころです)

 

クラウドソーシング(外注業務のポータルサイト)に応募しても反応は一切なし。

当時の私は、「4月から退職まで3ヶ月もあるのだから、大丈夫だろう」といった謎の安心感を持っていました。

そして、がむしゃらに仕事を取りに行かなかった結果、仕事が取れなかったのです。
(記事執筆では数件だけ取れた)

 

6月上旬、会社手続のため最後の出社をしました。

この日は午後の早い時間に帰宅してすぐに寝てしまい、翌朝までずっと寝ていました。

 

ここから、突然停滞が始まりました。

 

これから約1ヵ月、プログラミング学習も怠り、ネットや動画、ゲームなどをして過ごすようになったのです。

尊敬するマナブさんの動画を見る頻度も減りました。
自分のダメさ加減を自覚してしまいますから。

来月から収入ゼロなのに、、、という感じですが、どうにも手を動かしたくなかったのです。

 

そして休みつつも焦っていました。

そのときの心境を表すと、「宿題をせずに夏休み最後の日を迎え、その日を繰り返す」(ネットでみた表現)、、、こんな焦燥感のある、かつ、怠惰な日が続きました。

 

そして、無事(?)そのまま仕事を受注することなく退職を迎えました。

 

※ちなみに、妻も一緒にフリーランスをめざしています。ライティングで少し仕事を取れていますが、Web制作では似たような状況です。

 

フリーランスなりたて?のころ

picture

 

会社を辞めてからは、妻の実家に近いところに引っ越しました。

1年ほどは貯蓄で生活できる見込みで、あと米国株投資で数ヶ月増えるかも、という程度でした。

一応、このころからフリーランスと言えるでしょう。たとえ仕事がゼロでも、、、

 

引っ越しを終えてしばらく後、7月上旬ごろから、プログラミングを再開しました。

約1ヵ月の停滞からようやく抜け出したのです。

コレというきっかけはないのですが、あえて挙げるなら、新調したデスクチェアが届いたから、かも知れません。

 

さて、多少やる気になっても、仕事がないという状況は変わりません。

 

営業の仕方が問題だろうから、そこから見直そうと考えました。

飛び込み営業は性格的に難しいと思い、ツールに時間をかけました。

まず、ポートフォリオ(自己紹介・作品紹介のホームページ)をガラッと作り変えてみました。

いかにもフリーランス、という印象を与えないため、法人風にしたのです。

 

また、ポートフォリオと同じドメインにあるこのブログも、ほぼ初期状態だったのを改め、クライアントに見られても大丈夫な状態にしました。

 

スキル的には、以前挫折したプログラミングの課題(Airbnbのホームページをプログラミングで模写する)を完了させたりしました。

 

直接受注する場合に備えて、契約書やヒアリング内容をまとめてみたりもしました。

 

自分の行動の遅さに愕然としますが、、、ともあれ動き出しました。

 

初案件、いきなりリリース。しかし、、、

picture

初案件をいきなりリリース(仕事を辞退)

初案件は、9月下旬に取れました。

営業の得意な人のブログを読んだりしながら、いろいろ工夫してみた結果でした。

 

クラウドソーシングでの依頼で、以下の2つがセットの仕事でした。

  • ランディングページ(1ページだけの販促用ホームページ)制作
  • マーケティング(広告やダイレクトメールなどの企画・実行)

 

「ようやく、取れた、、、!」

 

という喜びもつかの間、クライアントとのZOOM打ち合わせを行い、簡易なプレゼン資料など作ったりしましたが、まったくダメダメでした。

クライアントの要望に対して、素人丸出しの提案で、まったく話が進みません。

商品の資料を読みこんだり、参考記事や動画を見たり、自分で広告を掲載してみたり、といろいろやってみましたが、納品イメージがまったく描けません。

 

結局、リリース(辞退)を申し出たのです。

先方に申し訳ないやら恥ずかしいやらで、とても苦しい思いをしました。

 

そして、念願の初案件ゲット

picture

 

(自滅で)出鼻をくじかれましたが、クラウドソーシングでの手応えは感じられました。

 

これまでは応募しても無反応だったのが、たまに反応が返ってくるようになっていました。

 

また、このころ、codebeginで知った「よしおさん」という方の初案件サポートにて、アドバイスを受けました。

アドバイスに沿って応募をしたところ、いきなりその翌朝には連絡があったのです!

 

「行けるかも、、、!」

先方の質問に対して「こんな方法で対応します」と回答して、少し待ったのですが、、、依頼はなし。

 

「しかし、悪くない、反応がますます増えている、、、!」

 

さらに応募をしていると、納期3日後という急ぎの案件がありました。

プログラミングのスキル的には「ちょっと背伸びが要る」ぐらいです。

 

「微妙に分からない点あるけど、行ってみよう!」

 

と思い切って応募したところ、ようやく、依頼を受けることができたのです!

 

分からないことはあるものの、ざっくり納品イメージもありました。

そこからは、(スキルの背伸び部分で苦労しつつも)、無事納品完了し、コーディング内容も高く評価していただけました。

 

これが正真正銘の初案件でした。

 

経緯まとめ

picture

 

2019年9月のプログラミング学習スタートから、初案件納品まで、1年1ヵ月が経っていました。

 

ざっくりの内訳は以下のとおり。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 仕事をしながら学習  :約7ヵ月(仕事が忙しいと怠る)
  • 有給消化中に学習・営業:約3ヵ月(うち1ヵ月ぐらい怠る)
  • 退職後に学習・営業  :約3ヵ月

[/st-mybox]

 

ちなみに、初案件のあと、続けて2件、受注できています。

いずれも小さな額ですが、私にとって大きな一歩です。

 

これからもっと単価を上げたい、手を広げたいと思いますが、まだまだ、まだまだ、まだまだ、これからです。

それどころか生活費を賄えないため、今でも貯蓄を取り崩しています。

 

ですので、今、

「40代未経験 プログラミングでフリーランスは可能?」

と聞かれたら、

「可能。・・・だけど、まだ何とも言えない」

との答えになったのです。

 

そして付け加えるなら、『少しだけ、手応えあり』です。

だから、「会社辞めなきゃよかった」とは思わないのです。

 

最後に

ちなみに、未経験でも、人によっては1~3ヵ月ですんなり仕事を取ったり、1年かけずに月の売上100万という猛者もけっこういるようです。

 

私にそういった快挙はありませんが、、、43歳から1年かけて、全くの未経験・ノースキルから学習を始めて、仕事を取ることができました。

 

年齢や学習に要する時間を考えると、未経験業界は不利とは理解していましたが、それでも踏み出した結果です。

 

これは人によっては励みになるのではないでしょうか?

 

特に、自分に合わない会社やスタイルで働いている40代の人にとって、です。

 

本当にフリーランスで行けるのかという不安はあります。今でもあります。

でも、もし、食べるだけの収入が得られるなら、40代からでも今の辛い生き方を変えられるかもしれません。

 

私と同じ40代の方で、プログラミングで稼ぎたい、仕事を辞めたい、と悩んでいる人にとって、この記事が少しでも参考になると幸いです。

 

Share
Share on facebook
Share on twitter
わがい

わがい

プログラミング(Web制作)・ライティングに携わっています。 いくつかの会社で勤めてきましたが、最近フリーランスになりました。 健康にも気を配りつつ、自宅の机でコツコツ仕事しています。 最近の気付きは、本業より米国株投資のほうが稼げて楽しいということ。

最近の記事

ページ内目次